全身脱毛後の毛穴ケアに効く裏技

全身脱毛をすると、毛穴はどうなるのでしょうか?つるすべキレイな肌になりたくてサロンに通うのですから、毛穴も気になりますよね。

ネットの口コミを見ると、「全身脱毛して毛穴が見えなくなった、目立たなくなった!」という喜びの声が上がっています。

その一方で、「かえって毛穴が黒ずんで、目立つようになってしまった」という、おそろしい評判も…。
 
結論から言うと、「全身脱毛すれば毛穴は目立たなくなる!ただし、きちんとしたケアが必要」ということです。
 
脱毛することで毛穴にどういった影響があり、 どういうケアをしていく必要があるか、毛穴ケアの際の3つの裏技についてご紹介します。
 


毛穴は大切な肌のバリア機能  


鏡を覗いて、毛穴が目立って見えると、ガッカリしてしまいますよね。しかし、毛穴には外部からの汚れや、乾燥、細菌などから肌を守るという大切な役割があります。

毛穴の奥にある皮脂腺から皮脂が分泌され、肌のバリア機能を果たしてくれているのです。

また、体内の老廃物を皮脂や汗として体外に排出してくれていたり、寒さを感じると収縮して体温を保つように働いたりもするのです。
 
毛穴は肌のバリア機能を持っていますから、角質や汚れで毛穴が詰まってしまうとうまく体温調節ができなかったり、肌が保湿されなかったりと、肌トラブルの原因となってしまうのです。

例えば、毛穴が黒ずんでしまう原因は皮脂の過剰分泌にあります。毛穴に詰まってしまった過剰な皮脂が酸化してしまうと黒ずみになってしまうというメカニズムなのです。

皮脂コントロールがうまく出来ずに過剰に分泌してしまった皮脂が原因となり、毛穴の黒ずみが生まれてしまいます。

また、表情筋や肌が衰えてしまうと、肌が下のほうへとたるんでしまうので毛穴も下へ下へと広がってしまいます。その結果、毛穴が縦長に広がってしまい目立つようになってしまうのです。


全身脱毛すると毛穴が目立たなくなる理由  

全身脱毛をして毛がなくなっても、毛穴がなくなることはありません。しかし、脱毛により毛穴は目立なくなり、キレイな肌になります。理由は次の3つです。

1.毛が無くなることでキレイに見える

カミソリなどの自己処理では、毛穴に毛が残ります。そのため、毛の断面が黒く目立って見えることがあります。また、毛の根元に皮脂がつき、酸化して黒ずみの原因となることがあります。

サロンで光脱毛すると、毛が原因で毛穴が黒ずむことがなくなります。

2.化粧水が肌に浸透しやすくなる

化粧水は肌に潤いや栄養を与えます。しかし、毛があると、化粧水の成分が肌に染み込むさいに邪魔になります。脱毛すると、化粧水が肌に浸透しやすくなり、肌の状態が改善します。

その結果、ハリのある肌になり、たるみや肌荒れが解消し、毛穴が目立たなくなります。

3.自己処理をしなくなる

自己処理で繰り返しカミソリなどをあてると、皮膚にダメージが蓄積します。これにより、炎症、色素沈着などが起こりやすくなり、毛穴が目立つ原因となることがあります。それだけではなく、シミやシワなどができてしまうこともあります。

全身脱毛すれば自己処理の必要が無くなるので、肌への負担が減ります。その結果、肌の状態が改善し、毛穴が目立たなくなります。


「脱毛したら毛穴が目立った」という話をなぜ聞くの!? 

脱毛は毛穴にとっていいことだらけのようですが、では、なぜ、「かえって毛穴が目立ってしまった」という話を聞くのでしょうか?
 
実は、全身脱毛の直後から数日間は、毛穴が黒ずんだり、目立ってしまうことがあるのです。また、ニキビのようなぶつぶつができたり、肌が赤くなったり、かゆみを感じたり、といった副作用が出ることがあります。

なぜ、このような症状が出るのでしょうか。

全身脱毛の直後は毛穴に毛の燃えかすが残り、一度のシャワーで落としきれず、黒ずみが残ることがあるからです。また、脱毛器の光をしっかり浴びると、肌に熱がこもるので、毛穴が開いて目立って見えたり、皮膚が赤くなったりすることがあるのです。


どちらも、全身脱毛にともなう一時的なもので、2~3日もすれば良くなります。


全身脱毛後の毛穴トラブルを防ぐには 

実は、これらの副作用は、すべての人に起こるわけではありません。

元から乾燥肌の場合や、生理の前後などで肌が敏感になっている場合などに起こりやすくなります。また、全身脱毛のあとにお肌のケアをしっかりしなかったときも、肌トラブルになりやすくなります。
 
例えば、全身脱毛のあとに、一日屋内で過ごすからと油断して日焼け止めを塗らずにいたり、スマートフォンやパソコンを長時間いじったりして過ごしてしまうかもしれません。

屋内でも、窓辺にいれば紫外線は届きますし、ブルーライトによる日焼けも起こります。全身脱毛の直後は特に肌が敏感になっているので、こうした刺激が毛穴トラブルの原因になることがあるのです。


全身脱毛後の毛穴ケアに効く裏技!? 

全身脱毛の後、ムダ毛はなくなったけれど、毛穴が開いていたり黒ずんでいたりすると、せっかくの施術が台無しです。美肌を維持するには、毛穴のケアや黒ずみ対策などのお手入れにもぜひ気をつかいたいものです。

誤った知識でケアをしてしまうと、改善するどころかトラブルが悪化してしまうこともあるので、毛穴の役割をきちんと理解してからケアをすることが大切です。

そこで、施術後の毛穴ケアに役立つ裏技をここでは紹介していきます。


素肌をきれいに保つ3つの裏技  

全身脱毛後の素肌をきれいに保つ裏技は3つあります。

まず1つは、入浴の際に肌を刺激にさらさないようにすること。
入浴時にまっさらなお湯(さら湯)に入ると、水道水に含まれている塩素が肌を刺激することがあります。肌をいたわる効能をもつ入浴剤を入れることで、刺激を減らすことができます。また、ボディタオルなどでゴシゴシ肌を洗わないようにしましょう。低刺激のボディウォッシュを使い、手で優しく洗います。

また、顔以外の全身についても、ボディ用ではなく、フェイス用のスキンケア商品を使用するとよいでしょう。ボディ用に比べてフェイス用は肌への刺激が少なく作られている商品が多いため、全身脱毛後の刺激に敏感になっている肌にはフェイス用のスキンケア商品を使う方が肌荒れを防ぐことができます。


2つ目の裏技は紫外線ケアをしっかり行うこと。
全身脱毛後で刺激に敏感になっている肌を紫外線に無防備にさらしてしまうと、肌がダメージを受けたり、火傷になってしまったりと、トラブルの原因となってしまいます。

外出するときだけではなく室内にいるときでも紫外線は入ってきてしまうので、肌に優しい成分が配合されている刺激の弱い日焼け止めクリームなどを使用することをおすすめします。
 
日焼け止めには紫外線吸収剤紫外線拡散剤の2つのタイプがあります。
紫外線吸収剤は紫外線カット率が高めなものの、一度吸収した紫外線を赤外線や熱量等に変換する仕組みのため、肌への負担がかかるとされています。

紫外線拡散剤のほうが肌に負担が少なく、全身脱毛後の肌にはおすすめです。

また、日焼け止めの他に日傘や帽子を使う、スマートフォンやパソコンに触る時間をなるべく減らすなど、全身脱毛直後の肌を光にさらさないよう工夫してみましょう。


そして3つ目は「ビタミンA」と「ビタミンE」をしっかり摂取すること。
ビタミンAが不足してしまうと肌が角質化しやすくなってしまい、肌のハリが失われてしまうので毛穴の目立ちにつながってしまいます。

ビタミンAと共に美肌ケアに欠かせないのはビタミンE。ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、皮脂の酸化によって発生する黒ずみを防いでくれるといわれています。

ビタミンAとビタミンEを普段の食事やスキンケア用品から意識的に取り入れることで、美肌効果が期待できそうです。

 


参考サイト
脱毛をすると毛穴は消える?目立つ?脱毛が与える毛穴への効果
脱毛したら毛穴はなくなるの?開くの?美肌のためにすること
脱毛したら毛穴はなくなる? 究極の毛穴ケア方法
顔脱毛で毛穴がなくなる?目立つ?気になるウワサの真相を解明しました
美容には逆効果! やってはいけない入浴法


トップページへ
戻る