全身脱毛が20分で完了する高速脱毛の特徴とは

皆さんは、全身脱毛が20分で完了できる高速脱毛があるということをご存知でしたか?
最新機器なので、まだ認知度が低いこの高速脱毛。

 
普通なら2~2.5時間以上はかかる全身脱毛が、一気に20分に短縮できるなんて不思議ですよね。
20分で完了するなら、わざわざ仕事が休みの日に行くなどしなくても、仕事帰りやお買い物ついでに気軽に通えますし、利用しない手はないですよね♪

 
それでは、時間がかかって面倒だった従来の脱毛が、20分で完了する高速脱毛の特徴をお教えします。


高速脱毛と普通の脱毛って何が違うの? 

◆連続照射で、スピードアップ
従来の脱毛は1秒間に1ショットの照射しか出来なかったところ、高速脱毛は連続照射が可能なため、1秒間に6~10ショット、1分間に600ショットもの照射が可能になりました。
よって、施術時間がスピードアップできるようになったのです。

 
そんなに連続照射して痛みは大丈夫なのかな?と心配になる方も多いと思いますが、そこは心配ご無用。
従来の脱毛器はレーザーを毛の色(黒色)に反応させて、毛根にダメージを与え脱毛していくシステムのため、1ショットの照射範囲は狭く、強いエネルギーを集中的に当てるものでした。
そのため、ゴムをはじかれたような痛みが生じたり、火傷などの炎症を起こしたりすることがありました。

 
それに比べ、高速脱毛器は弱めのエネルギーでやさしくヘッド(ハンドピース)を移動させ広範囲に照射していくため、個人差はありますが、従来の脱毛器よりもお肌へのダメージは少なく、痛みも温かさを感じる程度になります。
ホットマッサージをしている感覚に近いかもしれませんね。

 
◆日焼け肌や金髪、そしてうぶ毛まで!
従来の脱毛では、黒色のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与え脱毛をしていました。
それに比べて、高速脱毛では弱い光により毛根を包んでいる「毛包」という組織にダメージを与えて破壊していくシステムなので、毛の色素が薄くて脱毛効果が出なかった方でも脱毛が可能になりました。

 
また、今まで日焼けしたお肌やホクロには光が反応してしまって施術NGだったのが、高速脱毛では問題なく施術を受けることが出来るようになり、メラニン色素を含まず脱毛効果が少なかった「うぶ毛」や金髪の脱毛も可能になりました。


お肌への負担も少ないため、フェイシャルやデリケート部分でも安心して脱毛することが出来ますね。

 
◆毛周期なんて気にしない
従来の脱毛器では、毛が成長する毛周期に合わせて施術を行っていたため、1回施術したらその後2~3カ月は間隔をあけてからでないと施術が出来ませんでした。

 
しかし、高速脱毛器のターゲットは毛根ではなく毛包なので、毛周期を気にせず施術が可能になり、1カ月に1回施術を行うことが出来るようになりました。

 
よって、今まで全身脱毛が完了するのに2年かかっていたところ、半年で完了できるようになったのです。


高速脱毛が出来ない箇所はあるの? 

ここまでで、高速脱毛器はかなり無敵の脱毛機器だということがわかりますよね。
こうなると、逆に脱毛できない箇所はあるのでしょうか?

 
高速脱毛器が施術不可の箇所は、口の周りや唇など粘膜のみの、あまり脱毛とは縁がないような箇所だけなのです。

 
サロンによっては、タトゥーをしている箇所や乳首、乳輪などをお勧めしていないところもあるので、それらの箇所の脱毛を行いたい方は事前に質問してみてくださいね。


高速脱毛ができるお店をご紹介 

高速脱毛器は最新機器のため、まだ導入しているサロンは多くありません。
現時点で、高速脱毛を取り入れているサロンは、「Lacoco」や「C3」などになります。


「ミュゼ」や「脱毛ラボ」などの大規模なサロンではまだ取り扱いがないので、気になる方は「Lacoco」や「C3」に問い合わせてみてくださいね。

参考サイト①全身脱毛がたったの20分で終わる「高速脱毛」ってどんなもの?
参考サイト②高速脱毛のメリット・デメリット


トップページへ
戻る