意外にも梅雨時期の脱毛がオススメ!その理由とは?

脱毛したいと思っていても、なかなか重い腰を上げられない…という方はいませんか?
6月の梅雨の時期こそ、その重い腰を上げる絶好のチャンスですよ!!

 
今回は、「意外にも梅雨時期の脱毛がオススメ!その理由とは?」についてご説明していきます。


梅雨時期の脱毛がオススメな理由 

①湿度の高さ
脱毛にNGとされているのが紫外線。この紫外線の多さが、真夏の時期とほぼ同じと言われているのが5月。
湿度が少なく、紫外線が多いので、脱毛後に紫外線を浴びると肌の水分量も減ってしまう傾向にあります。
そのため、脱毛するなら湿度が最も高い6月の梅雨時期がオススメなのです!
脱毛後にしっかりと保湿をすることによって、脱毛の効果をUPさせるだけでなく、お肌の状態も良くなります♪
 
また、お肌に最適な湿度は60~65%と言われています。
6月はやや上回ることもありますが、脱毛した後のお肌は乾燥しているのでそれくらいがBest!!
逆に、50%を下回ってしまうとお肌は乾燥してしまうので、お部屋での湿度管理はしっかり行いましょう。

 
②雨が多い
梅雨時期は嫌というくらい雨が降って気分が下がりがちですが、脱毛にとっては雨の日が続けば大敵の紫外線を受ける機会が減るので、恵の雨ともいえます。
 
湿度が高く、紫外線を浴びる機会が少ない、という脱毛にとっては好条件がそろった梅雨時期は、脱毛をスタートするには最適なのがわかりますね♪

 
③夏のレジャーシーズンに向けて
施術してすぐに効果が出るかというと、そういうわけでもありません。
施術をして1・2週間したら徐々にポロポロと毛が抜けはじめ、毛周期によってその後2週間程は毛が生えてきません。
1度施術を受けると次回は1・2ヶ月後になることを考えると、夏になる前に1度施術をしておくことがオススメなんです!!

 
④梅雨はムダ毛が伸びやすい!?
人間のカラダは、梅雨時期から夏に向けて新陳代謝が上がりやすくなっていると言われています。代謝があがると、毛穴の奥にある毛母細胞(※1)が細胞分裂を繰り返すことにより、体毛も一緒に伸びていきます。
 
年々、春から急に夏日のように暑くなる日があり、6月の梅雨時期には薄着になり露出も高まるので、ムダ毛が気になりだしますよね。
ムダ毛の成長は早いし、露出するからムダ毛は気になるしで、二重で気になる時期が梅雨なのです。


梅雨時期のオススメ脱毛 

では、この煩わしい梅雨時期のムダ毛の処理はどのような方法が向いているのでしょうか。
自己処理をしている人は乾燥しにくい時期なので化粧水やアフタージェルを用いた簡単なお手入れで大丈夫ですが、ムダ毛の成長が早い分、自己処理の頻度が高まるのでお肌が傷つきやすくなります。
更に、剃った毛の断面は斜めになるため、そのまま伸びてくると毛が太く見えてしまいがち。

よって、自己処理はオススメできません。
その点、サロンに行ってプロの手でしっかりと処理をしてもらうと、お肌を痛めることなく安心安全で綺麗になれるのでオススメです。

 

お肌にも優しく、効率よく脱毛できる梅雨の時期こそ、脱毛サロンへ足を運んでみてください。
少し気分が落ち込み気味になってしまう季節だからこそ、脱毛をして明るく過ごしたいですね! 

 


※1:
毛球の下面の凹んでいるところを毛乳頭と言い、毛細血管が入り込んでいて髪の毛を成長させる栄養分を運んでいます。その栄養分を受けて分裂している細胞を「毛母細胞」と言います。


トップページへ
戻る